受診に躊躇している人が気楽に試せる方法とは

サイトメニュー

話すことで解決します

固定電話

いつでも気軽に利用できるのがメリットです

全国で精神疾患として医療機関を受診している人の数は300万人を超えています。この内の割合として多いのがうつ病と統合失調症です。しかし自覚していながらも受診しない人や自分では気が付かない人を含めると、もっと多くの人が苦しんでいると言われています。心の病は初期に見つけて適切な治療を受ければ、短い治療期間で社会復帰することも不可能ではありません。何となく気分が良くないという症状がいつまでも続くのは、心のサインかもしれません。できるだけ早く専門の医療機関を受診することが必要です。心の病を扱うのは精神科や心療内科ですが、はじめての人には少しハードルが高いと感じることもあります。まずはかかりつけの内科医に相談してみましょう。それすらも抵抗感がある人は自治体の設置する専門の相談機関を利用することができます。面接による方法もありますが、電話での相談も受付けているので、気軽に利用できます。そして電話での相談は、本人でなくとも対応してもらえます。精神疾患による症状が見られるにも関わらず、本人が医療機関の受診を拒むケースです。必要に応じて医療機関の紹介もしてもらえます。このように心の病については、本人や家族だけでは解決できないことも多く、第三者の意見が必要な場合があることから電話での相談が役立つことがあります。
全国の精神保健福祉センターでは、心の病に関する電話の相談を受付けています。殆どが9時から17時となっていますが、緊急の場合にはこの限りではありません。中にはいのちの電話のように365日24時間相談を受付けている所もあります。そしてこのような相談を受けているのは行政機関だけではないです。民間の団体が組織している機関も数多くあるので、利用することができます。殆どが通話料金以外は無料な上に専門の医療機関と連携しています。しかも在籍するのは経験豊富な専任スタッフばかりなので、安心して利用することができます。もし電話での相談すら不安な人は、メールでも受付けている所があるので、まずは利用してみましょう。現代は高度に発達した情報化社会です。メディアによる大量な情報に飲み込まれてしまい、ストレスを溜め込んでいる人が大勢います。過剰なストレスが引き金となり心を病んでしまうことも珍しいことではありません。そのような状態となる前に、ストレスを上手に解消できるよう習慣づけていく必要があります。心の病を患う人の多くは他人とのコミュ二ケーション不足が影響しています。まずは電話で人に相談をすることで日常のストレスから解放され、身を守れるよう積極的に行動しましょう。

Copyright© 2019 受診に躊躇している人が気楽に試せる方法とは All Rights Reserved.